清潔感溢れる収納上手なお住まい

2016年05月31日

旧新潟市内に建設されたお住まいです。外観も中も基本色は「白」
外観は青空がよく似合うお住まいです。玄関左手のキュービック状の収納スペースは広く、自転車にジム機器、インナーテラスとでも呼べばよいのか、隠れ家仕様の木製二階フロア等々、憧れ満載、全開です。


玄関脇にも広めのファミリークローク。部屋になっている為、靴も扉無しで収納します。むしろ、カラフルな靴は、ディスプレイ替わりです。傘の収納専用ラックであったり、コートかけであったり、内外がすっきりと切り替えられるスペースになっています。


LDKはメリハリの効いた少し濃い目の木目が引き立っています。
リビング、ダイニングは、外の木製デッキと繋がり、内外が自由に行き来できる造りです。デッキ周辺は、少し奥まっている為、外壁に木製板(レッドシダー)を貼り、アクセントとしています。
キッチンから直線的にダイニング、リビング、和室が見通せます。
まだまだ小さなお子様のお昼寝は、目の届く気持ちの良い琉球畳の和室が大活躍です。


リビングを和モダンな引き戸で抜けると、左右に一直線の廊下です。お風呂、脱衣所、洗濯場、収納棚、物干場と、すっきりとした動線で配置されています。
お風呂も白を基調に清潔感がいっぱいです。最近、木目の壁+ラインLED照明をよく見るような気がします。
建材性能の向上は、デザインも変えていくのですね。


収納上手その1)
和室の収納:上下を目的にあわせ、3段に分割。敷布団、掛布団、その他、用途に合わせてサイズを決めています。

収納上手その2)
勝手口収納:コンロ左手に開口先に収納を造り付け。小物や、長期保存品、食糧庫等々を兼ねています。

収納上手その3)
物干し場収納:バックヤードともいえる廊下の物干し場近くに収納棚を設け、洗濯物の収納がしやすくなっています。

収納上手その4)
物干し場収納:2階の洗面所と広いテラスの中間に広い収納棚を設けています。この場所は雨天には洗濯物干し場にもなり、大変効率の良い、収納場所になっております。

こちらのお住まいは、H27年秋発行 sumica(新潟日報社刊)に掲載されました。

一覧へ戻る