白い家、大空間の広がる家

2016年05月31日

白ずくめもこんなに美しいいなんて。
施主様の強いご要望で、外壁も、内装も白を基調に仕上げました。
ここまで大胆に白にこだわって大丈夫かしら?と少し心配でもありましたが、白からオフホワイト・薄いグレーの間で、床、天井、カーテン、食器棚等々をコーディネートいたしました。


TVボード、食卓、和室天井には濃い目の木目を生かしアクセントとしております。


LDKは約19帖、和室は5.4帖と、殆ど仕切りをなくしての大空間となっています。テクノストラクチャーの鉄の梁が支える広さが実感されます。


その空間の中心はキッチン。
まだ小さなお子様はキッチンの隣の和室で、ゆっくりお昼寝。
目前のダイニングの先は南に面した大きな窓。
その左手は大画面のテレビを壁に据えるリビングスペースとなっています。


玄関はその家の顔ともいわれますが、ここも大変明るいスペースに仕上がりました。玄関と、ホールに各々窓を配置し、朝から夕方まで、光を取り入れる様にしています。
下足箱は「テクノストラクチャー」標準仕様の、通常靴64足収納可能な大容量タイプ。パナソニック製で、家具や、お風呂の壁、階段ステップ、二階床等と、よくコーディネートされています。

階段からホール(廊下)に光りを降ろしております。

最近、脱衣所から洗面台を外に出す方が増えてきております。
その分、少し脱衣所スペースを削減しても、洗濯機スペース横に、使い勝手の良いチョットした棚を設けることができる様になります。


お風呂も白がベースですが、1面だけ木目に変えて落ち着いた雰囲気を醸し出しております。
天井には暖房・乾燥機が標準設置され、10㎏程度までの干物が干せるパイプも設置されております。


寝室のウオークインクローゼットは標準的な仕様で作っておきました。
壁の中心から2m四方のスペースに、片方は高さ調節の可能な棚を、反対面には、ハンガーパイプを設置しております。ご要望によっては、布団棚とかの造作も行っております。


お子様の部屋には標準仕様の壁芯2m幅のクローゼットが設置されております。



一覧へ戻る